「理事長交代」

前理事長 田川 尚登

 

新理事長 松尾 忠雄

 

 2003年のNPO法人スマイルオブキッズ発足以来、理事長を続けてきましたが、このたび5月31日の任期を持ちまして退任し、新理事長の松尾忠雄さんにバトンタッチをすることになりました。松尾さんもお子さんのことでご苦労をされています。こども医療の家族支援を中心とした事業がここまで進展できましたことは、日頃より活動を支えていただいている皆様のご支援の賜物であり感謝の気持ちでいっぱいです。

 スマイルオブキッズの小児医療支援活動は、2003年にこども医療センターへの備品の寄贈に始まり、院内コンサートから滞在施設リラのいえの建設・運営、入通院するお子さんのきょうだい児への保育支援、

重症心身障がい児と家族への音楽支援と3つの大きな活動が定着し「病気や障がいがある子どもの未来を変えていく」をスローガンに活動を進めてまいりました。年間約4,500名が利用しているリラのいえも10年目に入り、利用者の増加で昨年度の

厚労省の小児慢性疾患の支援事業からの補助金の利用で思いもよらぬ増築ができ、キャンセル待ちの宿泊希望者の解消ができました。

 私事ですが、今後は小児ホスピスの開設に向けた活動に重点を移し、申請中のNPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表として活動を本格化させていきます。横浜市に要望中の土地の取得交渉や運営活動の支援者の獲得や広報啓発活動でこどもホスピスの必要性を広めていきます。故石川好枝さんの思いから始まったこどもホスピス建設を亡き娘から与えられた最終課題として噛みしめてきた私の最後の仕事として、命の脅かされている子どもと家族の

楽しい時間の共有できる在宅支援施設「こどもホスピス」が横浜だけではなく、思いを共有している同志とともに全国各地に広めていくための活動に専念していきますので今後ともどうぞよろしくお願いします。

「リラのいえ」が2008年に開設されて今年の6月には10年目に入りましたが、この節目の時に理事長に就任する事になり感慨深い思いです。

 田川さんと私は、二人ともに愛する子どもを病気で失い、そのとき経験した様々な思いがベースとなり、病気の子どもと家族が置かれた環境の改善に微力ながら貢献

したいと願い、「リラのいえ」の開設の準備段階から共に協力して今日まで活動してまいりました。

この4月には個室3室と多目的ホールが増設され、ますます多くの方々に利用して頂いている現状は私たちにとって喜ばしい限りです。これは、私たちの活動を支援していただいている方々のおかげと深く感謝するところです。

 この度、田川さんから認定NPO法人スマイルオブキッズの理事長を受け継ぎ、更に組織の充実をはかり、活動を発展させていくために精励する所存ですので、みな

さまのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

活動メニュー

ホーム

Copyright  ©NPO法人スマイルオブキッズ All Rights Reserved